顔のたるみを改善することができるリフトアップ治療

乳房再建方法

胸元

乳房再建は、手術によって失われた乳房を再建する施術です。乳房を失うことで、普段の生活に支障が出てしまうことがあります。多くの方が利用する温泉などに入れないことやバランスが悪いといった不便さや不自由さを感じる人が多くいるのです。そこで、乳房再建治療を受けることで、これらの問題を改善することができ、精神面や肉体面の問題を改善することができるのです。乳房再建を行うことで症状が再発してしまうといった影響はないので安心して治療を受けましょう。乳房再建の治療方法は、大きく分けて自家組織による方法と人工乳房インプラントによる方法があります。まず自家組織による再建では、患者のからだの組織を胸に移植する方法で、主にお腹の組織を移植する方法と背中の組織を移植する方法の2つがあります。お腹の組織を移植する方法には、腹直筋皮弁法といい、お腹の皮膚や脂肪を胸に移植させることができるのです。そうすることで、乳房を作ることができるのです。また、背中の組織を移植する方法は広背筋皮弁法といい、背中の皮膚や脂肪を胸に移植することができるのです。このように移植して乳房を再建することができます。そして、人工乳房による再建ですが、はじめに拡張器を用いて皮膚を伸ばした後、胸の筋肉の下に入れて、その袋の中に生理食塩水を徐々に入れて皮膚を伸ばし乳房の形に膨らませます。そして、拡張器と人工乳房に入れ替えることで乳房再建を行うことができるのです。このように様々な方法で乳房再建を行うことができるので、悩んでいる方がいるのであれば、このような治療を受けてみましょう。乳房再建によって乳房切除による喪失感が解消されます。乳房再建治療を受ける際には担当する医師としっかり相談を行った上で治療するようにしましょう。特に乳房再建の施術では、執刀する医師の経験や技術に大きく影響を受ける手術です。だから、相談する際には乳房再建の治療を数多く取り扱ってきた経験豊富な医師に相談するようにしましょう。そうすることで、きっと納得いく治療を受けることができるのです。